1ヶ月間の振り返り

皆さま、お疲れさまです。松井みどりです。前回ブログを書いてからちょうど1ヶ月たちました。この間、いろいろありましたので、ご報告します。
家の片付けに執念を燃やしていた私ですが(^^;;それが一段落すると同時に、家族草子群馬公演の稽古が始まりました。

「笑えよな」という作品の主人公で、大学入学のため息子を東京へ送り出す母の役でした。
写真が息子役の中津五貴くん。リアル息子でもいい年齢。まぁ、いい子なんですわ、この子。ちょっと突っ張ってますけど、根はまっすぐで優しい。こんな息子がいたら…やっぱり手放したくないんだろうなぁ〜と思いながら演じました。

なお、稽古中に髪を切りまして、変化しております。
会場はこんなところ。群馬・大泉では2回目の公演ですが、初めて来てくださった方もたくさんいらっしゃいました。

そして今年も温かい拍手が本当にありがたかったです。
もちろん演じ手としてはまだまだ課題がたくさん見つかりましたが、たくさんのスタッフさんや共演者の皆さんに助けていただき、無事に2ステを終了しました。どうもありがとうございました!
その翌週は、東京都世田谷区の永福図書館で、初の図書館公演。なので1週間、今度はこの公演のために「笑えよな」の修正を繰り返しました。
出演するのは写真の奥にいる演出の保倉大ちゃん、私、五貴の3人とギターの真辺さんのみ。大ちゃんは…何役やったんだろう(^^;;私と五貴の役以外は全てやってました。

この方式、私は好きです。朗読らしいスタイルですから。お芝居ならありえないけど、朗読ならあり。ただ家族草子は朗読でもないのでバランスが難しいところですが…。
で、こんなダンボールに書かれた女の子が登場したりしました。となりにいるなっちゃんは、群馬公演でダンボールに書かれている「美香ちゃん」役をやった方。こんなに可愛いのに、大ちゃんったら…(^^;;
図書館公演は、A STEPさんというアナウンサーさんたちの朗読団体とのコラボ公演。スタッフ、キャストの面々です。
公演はこんな感じで、もう会場は満席。私たちはギリギリまで作品を練り込んで、群馬公演のモノとはまた違う「笑えよな」を作り出しました。大ちゃんの演出、やっぱりすごいです。

お客さんの反応はめちゃくちゃ良く、スタートから本当に楽しく演じることができました。ダンボール美香ちゃん登場シーンは、大爆笑!良かった〜(*^^*)
終了後の打ち上げ。たくさんの素敵なお話をうかがえました。来年につながりそうなお話も!今後が楽しみです。
そして、1年半担当したテレビ東京の「モーニングチャージ!」から卒業しました。久しぶりの朝番組。朝3時半起きも、これにて終了!大橋さん、林さん、出演者、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました!
以上のことが途切れなく続いた1ヶ月でした。いや〜濃かった!ダーッと流れたので、途中で振り返ることもできませんでした。今、全てが終わって寂しい部分もありますが、出し尽くした分、インプットの時間がたくさん取れるのが嬉しいです。

しばらくはお芝居や映画を観たり、ワークショップに参加したりしながら、来年以降のことについてゆっくり考えていこうと思っています。

いろいろお世話になった皆さま、本当にありがとうございました!


Mido Log

ナレーター・役者・読み方&話し方コーチ 松井みどりのブログ。今やっていること、思っていることをtwitterより長くつぶやいてます