松井みどり

元フジテレビアナウンサーで、現在はナレーター、役者、講師、メンタルコーチ。ナレーターとしては、テレビ、ラジオのナレーションなど、声を使った仕事全般に従事。役者としては、「Mido Labo」「家族草子」を始めとした舞台に参加。他に、セミナー講師として、その人を素敵に表現する話し方を伝えたり、「やりたいことがある!」と思っている人をプロコーチとしてサポートしたりしてます

記事一覧(87)

セリフを言う前に大切なこと

皆さん、お疲れさまです。少し前にお芝居の短期WSへ通いたいです、という話をしましたが、その後日談です。GW明けからいよいよ通い始めました!ここは初心者もOKというところなんですが、経験者と初心者は4:6くらいでしょうか。20代の人がやっぱり多いかな。下は16歳。私は…今回は一番上ではなさそうです(^^;;私がいいなぁと思ったところは、先生がきちんと言語化して伝えてくれるところ。お芝居はなんとなく…という部分がとても多くて、自分がやっていることをなかなか言葉にして伝えるのは難しいと感じているのですが、こちらの先生はわかりやすい言葉できちんと説明してくれます。でも、レッスンは完全に「やってみましょう」方式。つまり説明部分はとても短く、まずやってみて感じましょう、というやり方です。レッスンでは使うテキストが決まっていて、私たちはそれを暗記してレッスンに向かいます。そんなに長いものではないのですが、その辺りも実践的。で、ちょっとだけ説明があった後は「じゃあ、やってみましょう。はい、2人出て~」という先生の声で、自分の意思で前に出て、同じように出てきた相手とやり取りをします。ちょうど始まって1ヶ月がたったのですが、私が一番面白いと思っているのは「セリフは相手を動かすためだけに言いなさい」ということ。人がひとりでいる時は、まぁ言葉を発する必然性ってないですよね。でも複数の人間がいるから、なにか相手に影響を及ぼしたくて人は言葉を発するんだ、ということです。普段どうしても「このセリフはどんな風に言ったらいいのか」「このセリフを言う時にこの人物はどんな気持ちでいるのか」といった自分から発信する方向へ意識が行きがちですが、とにかく先生は「相手に集中して、相手の表情や体の動き、声色に自分を合わせることが大事」ということを繰り返し話しています。まずは考えてセリフを言わない。相手だけに集中して、自然に応えるだけ。しっかしやってみると、これができないんだな~。自分のセリフだけじゃなく、相手の動きや表情を鏡のように真似ながら相手のセリフも同時に言う、というレッスンをやりましたが、自然にやってしまうと自分のセリフだけにとらわれて、相手を真似するのを忘れます。相手を真似ることに集中すると、自分のセリフが出てこないという…(^^;;でもねぇ、考えてみると、日常生活では私たち、これを器用にやってるんですよね。もちろんセリフは決まってないけど、同じことを言うのでも無意識に相手をよく観察して、ごく自然に相手に合った言い方で伝えてますよね。なのにいざ舞台に上がってしまうと、決まったことをするだけ、言うだけの体になってしまう。そうじゃなくて、相手のメッセージを受け止めた上で自分のメッセージを発信するということが大切ってことなんですね。そう!基本!お芝居の基本ですよ!でも、言うは簡単でも行うは難し。もっと相手に集中しないといけないんだなぁ…。レッスンは第2ステージに入りました。いや~お芝居って面白い!もうしばらく、学ばせていただきます!

今年の活動プラン…っぽいもの

皆さま、お疲れさまです!4月も半ばを過ぎました。今日の東京地方はやや寒いのですが、週末は夏日になるそうで、まさに三寒四温、季節の変わり目を感じています。さて、今年の自分の活動プランを色々と考えてみました。節目好きの私としては、新しいことは1月か4月から始めたい!という欲求が強いのですが、今年は3月が予想以上に忙しく、落ち着いて考える時間がありませんでした。ということで、今さらですが、今年の活動プラン…のようなものをまとめてみました。まずは舞台活動。Mido Laboは秋頃に、同じ下北沢亭で開催予定です。HPで進捗をご報告しています。そして家族草子。今年は7月から始まる地方公演にプラスして、去年は出演しなかった東京・天現寺公演にも出演させていただきます。これは11月。少し先ですので、近付いたらご案内しますね。それからもうひとつ、やってみたいことがあるのですが…こちらはまだ模索中。今年中に形にできればよいのですが。ナレーションの方は企業VPや教育用ビデオ、ラジオCMのお仕事などを、年明けからいただいております。5月後半からは株主総会用の音声収録が始まります。今のところ、完全季節労働ナレーターなので、ここからの1ヶ月が繁忙期。またその他のお仕事につながるよう、今年中にもう一度サンプルを録り直します。エル・アミティエさんでやらせていただいているナレーター研修は、6年目に入っています。先月発表会が終わり、気持ちを新たにした受講生や、4月から入ってきたフレッシュな受講生と一緒に、彼らのお仕事につながるレッスンを作っていきます。一緒に講師をしていただいている大迫ゆかりさんとの連携も今まで以上に取り合って、全体としてレベルアップした研修になるよう、力を注ぎます。さらに。自分の気持ちを人に伝えるのが苦手、自分らしく話したい…という方に向けて、新しいことを始めようと思います。今までも単発でセミナーやワークショップを開催してきましたが、もう少し先を見据えた、継続したサービスにしたいと考えています。こちらについては、詳細が決まりましたら、ご案内させていただきます。全体的に見ると、9月以降は公演が続くので、それまでにいろいろな環境を整えていく予定です。でもきっと、今は全く考えていないことも勢いでやっちゃうんだろうなぁ。それはそれで楽しみですが。改めまして、今年もよろしくお願いいたします。

アクティングスクール

3月のMido Laboの時にいただいたお花です。本当にたくさんいただき、ありがとうございました!今、ウチはひと足早いお花畑になっています。さて、今月末に図書館公演があるのですが、それが終わるとしばらく公演はお休みです。その間にアクティングスクールへ行ってみようかと思っています。私は独学…というか、公演を重ねることでお芝居の勉強をさせていただきました。本当にありがたいことです。でも、ちゃんとした訓練を受けたことがないので、どうしても判断に迷いが出ることがあります。最近私がしていることは、朗読というよりも、お芝居に近くなってきたので。なので、時間がある時に一度ちゃんと学んでみたいと思っていました。しかし、たくさんあるスクールの中で、どこを選べばいいのか…迷いながら、先日あるアクティングスクールの見学に行ってきました。最初は…若い人たちが一斉に何か大声で言い合っているのを見て、あらら、場違いなところに来てしまったかしら…と思ったのですが、その後レッスンが進むにつれ、どんどん内容に引き込まれていきました。そこの教えは、とにかく「考えるな。感じろ」…誰の言葉でしたっけね(^^;;言葉を発する時に、とにかく感じたことをそのまま言うことを、繰り返し行っていました。何かアクションがあった時に「うれしい」「楽しい」「うざい」「冷たい」など、感じたことだけを言葉にして言い合っていくのです。意味のあること、考えた末に分析して言うことはNG。とにかく感じたことだけを言う。これ、ちょっと考えてみると、とても難しいことが分かります。人って、常に何かを分析して、判断してるんですね。その結果、自分がどう思ったかは、後回しになることが多い。そこをいったん取り去って、感情でモノを言う、ということをやっていかないと、自分の気持ちではないセリフを言うことは、難しくなってしまう、ということなんでしょうか。なにせ、私もこういう演劇論的なことはわかりませんので推測ですが、でも興味深かった。ここにお世話になるかどうかはまだわかりませんが、こういう魅力的なことを知ることができ、さらに実践もできる…というところに、3ヶ月くらいお世話になりたいなと思っています。

ブログ、再開します

なかなか更新できず、もう本当にこのブログやめようかとも考えたのですが、ツィッターより長く気ままに書ける…と考えると、やっぱり細々とでもやりたいなと思ったので、ブログ再開します。このブログは何かの宣伝のためじゃなくて(たまには宣伝もしますが(^^;;)純粋に思ったことを書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて…私が主催するMido Laboというリーディングユニットの公演が先週末に終わりまして、ゆるりと残務整理をしているところです。私は何かを計画するのは好きなんですが、終わったものを振り返るのが苦手。でも、これやらないと次につながりませんのでね、がんばってます。個人的には結構辛い、というか大変な公演になりましたが、それは私の中だけのことで、公演全体としては大成功、と言ってもいいんじゃないかと思います。目標にしていたお客さまの数をはるかに超えた皆さまにご覧いただくことができましたし、お客さまからは楽しめた!というお声を多く聞くことができました。「リーディングトリップ・シアター」という名前を使い始めて2公演めになりますが、少しずつお客さまの中に浸透し始めたかな…という気がします。小説の地の文とセリフで物語を立ち上げていく舞台。朗読でもお芝居でもない。小説の言葉を大切にして、お客さまには小説の中を旅行するようにイメージの中でその場に足を運んでもらい、登場人物の隣りで会話を聞いていただく…そんな、舞台と客席が一体となった舞台を目指しています。本好きな方には、特に楽しんでいただけると思います。本好きな私が楽しいので、間違いないです(^^;;で、もう次回作の選定に入っています。これからたくさん読めると思うと、めちゃ楽しい^_−☆明日は図書館へ行ってきます♡宣伝はしないとか言いながらいきなり宣伝になってしまいましたが(^^;;Mido Laboを今後ともよろしくお願いいたします。

同じ波動の人

皆さま、お疲れさまです。クリスマスも終わって、だいぶ押し迫ってきましたね。風邪などひかず、お元気でしょうか?私はというと、昨日が今年の仕事納めでした。あとはのんびりと行きたいところですが…今年はMido Laboが3月頭にあるため、その準備にすでに追われています。今日は同じコーチングスクールで学んだ友人の、新スタジオオープン祝いに行ってきました。写真はお祝いのプレゼントの松。かわいらしい鉢植えになっていたので、お祝いに持っていきました。そして彼女が用意してくれた美味しいお弁当を食べ、さらにケーキと紅茶で3時間。女子ですね〜話が尽きません。彼女と話していていつも思うのは、同じ波動だなぁということ。そんなに長く一緒にいたわけでもないのに、とても信頼できる。自然に話せる…前向きな話がどんどん出てきます。そして何かに対する対処が似ている。面白い!それ一緒にやろう!となったら、じゃあいつ?と候補を決めてしまう。実現できた時の気持ちを先取りして、もっとやりたい!と盛り上がる。こういう人と話していると、本当に楽しい。自分を全部受け入れてくれているし、何を言っても批判されない。安心。何かが滞った時も、自然に良いアドバイスをくれる。話していて、ここまでの気持ちになれる人って、そうはいないと思います。付き合い始めて3年ほど。今年も彼女のおかげで前へ進めました。来年も一緒に盛り上がりながら、さらに前へ、面白い方へ、進んでいきたいと思います。多謝。

鍋率、高し!

またまた大変ご無沙汰してしまいました。もう師走も20日。あっという間にクリスマスが来て、あっという間に年を越すんだろうな~という状況になってしまいましたが、皆さまお元気ですか?さて、11月にダイエットレシピのことを書きましたが、ゆる~くその後も続いてはいます。しかしウチは、冬は鍋率が非常に高いのです!なんといっても簡単!野菜がたくさん取れる!ダイエットにも最適!いいことずくめです。でもさすがに普通の鍋では飽きてきてしまいまして…先日クックパッドさんからのお知らせにピンと来て作ってしまいました…「アボカドとトマトのオリーブオイル鍋」!とにかく変わった鍋が作りたかったんです。色合いもきれいだし、味の予測は全くつきませんでしたが、まぁ食べられるんだろうということで作ってみることに。ちなみにオリーブオイル鍋、というのはクックパッドさんが今年推している鍋だそうです。要は、お肉をたっぷりのオリーブオイルで別に炒め、最後に乗せる、というものなんですけどね。これはよさげ。そして、色合いもいいですよね。この時期にぴったり!で、肝心のお味はというと…ええ、まぁ美味しかったです(^^;;)温かいトマトが苦手な方は難しいかもしれませんが、温かいアボカド、意外といけました。ただ、トマトとアボカドの味がお互いに主張し合っているので、鍋としての完成度は…まぁまぁかな、というところですかね。でも、あまりに普通の鍋に飽きてしまったときにはオススメです!何と言ってもヘルシーで、ダイエットには最適!しばらくしてまた普通の鍋に飽きたら、作ってもいいかなと思いました。皆さんはどんな鍋が好きですか?普通じゃなくておいしい鍋、ぜひ教えて下さいませ(^^)

おすすめダイエットレシピ

11月になりました。家族草子燕公演も大好評で終了。ご覧いただいた皆さまの評判もおかげさまで良いようでホッとしています。来年はウチでもできないか…というお話もいただき、嬉しい限りです。本当にありがとうございました!人間ドックも大きな問題なく終了。今年の大きな仕事としては、月末の東御市での「朗読劇ワークショップ」(詳細は不明ですが…)と、来月の「あなたの魅力をアップする話し方セミナー」の2つのみです。さて、写真はテレビ東京大橋アナウンサーを、以前の「モーニングチャージ!」メンバーで囲んだ時のもの。今年いっぱいで退社する大橋さん、とてもお元気そうでした!で、その時いただいたのが…肉。本当に美味しいお肉でした〜。でも普段は、鍋が圧倒的に多い我が家。時期的なものもありますが、野菜をたっぷり食べられるので、いろいろな味付けでいただいています。でも鍋だけではさすがに…ということで、最近簡単な作り置き料理を作り始めました。といっても、いつもの倍くらい作って半分を保存に回すだけです。最近ハマってるのが、Doctor's Dietというアプリ。ダイエットのための食事や運動を動画で見せてくれるというアプリなのですが、私は冒頭の「週末2時間 作り置きダイエットレシピ」という動画を見て、紹介されているものを作ってます。私、あまり計量というものをしないので(^^;;同じものは作れていないと思いますが、10〜20分くらいで作れるので、鍋を作る合間にちょこっと作れるのが気に入っています。人間ドックでも看護士さんに言われましたが、とにかく野菜をとることがいろいろな病気を予防するために良いのだとか。美味しいお肉にも惹かれますが、それはハレの日に…ということにして、ケの日には野菜をたくさん食べようと思ってます。

秋はいろいろいそがしい~近況報告

寒い日とそうでもない日が交互にやってきていますが、確実に季節は進んでいますね。朝起きて、寒いと思う日が増えました。さて、先週末、家族草子の大泉公演が無事に終了しました。こちらにお邪魔するのは3回目。同じところで3回公演をさせていただいたのは初めてです。毎年来てくださっている方も多く、「今回も楽しかったわ」と言っていただけるのが本当にありがたいです。ホールのスタッフの皆さんにもお世話になりました。大泉の皆さま、ありがとうございました!そして今週末は新潟県燕市での家族草子公演。家族草子が新潟県で公演を行うのは初めてです。私の故郷なので楽しみ。作品は大泉と同じものですが、会場が違うため調整が必要なので、明日はその稽古です。並行して来年春に予定しているMido Laboの作品選びをしています。とにかく時間があれば読書。楽しい時間なのですが、締め切りがあるので楽しんでばかりもいられず…また新しいリーディングトリップを楽しんでいただけるようがんばります。さらに各種検診や人間ドックなどがそろそろ入ってきますし、途中になっている衣替えも早くやらなくちゃ。見て見ぬ振りをしてきた伝票整理もあるし…秋は何かと忙しい(^^;;まずは、今年最後の舞台となる家族草子燕市公演に全力を尽くします!

義父を見送って

8月からずいぶんこちらにはご無沙汰していました。9月はまずMido Labo vol.11があり、それに向けてMido LaboのHPには毎日ブログを書いていたのですが、その分こちらは手薄になってしまいましたね。そうこうしているうちに、病気療養中だった義父が突然旅立ちました。9月後半から10月頭まで、ずっと夫の実家におりました。仕事の関係で一瞬東京に戻った時はあったのですが、ほとんど実家につめていました。義母の手伝いが私のメインの仕事だったのですが…普段東京にいる嫁は役に立ちませんね。電話に出ても親戚の誰からの電話なのかはっきりわからず、「少々お待ちください」と言って義母に「お電話です」と取り次ぐのみ。まるで子供の取次のようでした。葬儀に関する地元の習慣などわかるはずもなく…夫の従姉妹の皆さんにすべてお世話になりました。皆さん、本当に勝手知ったる…という感じでテキパキと仕事をしてくださり、あたふたする私の気持ちまで労わってくださり、本当にありがたかったです。「いてくれるだけでありがたいのよ」義母はそう言ってくれましたが、洗い物をすることと、弔問にいらした方々にお茶をお出しすることを、とにかく必死にやりました。少し慣れてきてからは、電気ポットのお湯の残量を確認してある程度以上の量を確保するとか、生ごみをまとめておくとか、洗った食器を乾燥機にかけるとか、洗濯物を畳むとか、本当に基本的な家事をちょっとだけお手伝いすることが何とかできました。夫の実家に10日間ほどいたのですが、こんなに長く滞在したのは初めてでした。いつも大体1~2泊だったのです。おかげで以前より夫の実家のことがわかりました。分かったと言ってもそんな大したことではありません。私ができる家事が増えた、ということですね。それにしても、本当に慌ただしい日々でした。まずは、義父が亡くなったという一報を受けて帰省してから葬儀まで。人を見送る時にはこんなにたくさんのことを決めなければならないのか…と驚きつつ、義母と夫のサポートに努めました。そして通夜から葬儀当日。ここら辺は私ができることはあまりなく…とにかく遺族席に座る、という初めての経験をしました。葬儀後、様々な手続き。葬儀後もやらなければならないことは続きます。東京に帰るまで、私たちがサポートできることはできるだけやってきました。いろいろ大変だったこともあった10日間でしたが、この期間を通じて、義父、義母と以前よりちゃんと家族になれたかなという気がしました。変な言い方ですが、普段離れて暮らしていると、このあたりの感覚が希薄になりがちというか…結構仲良し家族の方だとは思っていますが、普段一緒にいない分、気を遣いすぎるところがあるような気がするんです。そのあたりが…もうちょっといい意味でお互い気を遣わなくなったかな、と思うのです。もっと義父ともそういう感じを味わいたかったなぁ。とにかく温厚で誠実。「大丈夫だよ」が口ぐせで、自然体で生きることが大好きな人でした。不思議なことですが、亡くなってからの方が近くにいてくれるような気がします。そしていつもこちらの不手際に「大丈夫だよ」と言ってくれているという…生前と変わらないですね。「義父」というより「父」。「お義父さん」というより「お父さん」という存在。お父さん。ふつつかな嫁ですが、本当にありがとうございました。そんなことで、社会に復帰して1週間。今回の3連休は本当にありがたい。Mido Laboがあったので、6月くらいからずっと土日はバタバタしていたんですよね。本当にゆっくりゆっくり過ごしています。あ、でも早くお父さんの遺影の写真立て買ってこなくちゃ。黒い縁取りの写真立てがいやで、今のところ家にあったものをつかっているのですが、縁がぷっくりしているのでお父さんにはかわいすぎて、なんだか落ち着かないんじゃないかなぁと思っているのです。でもきっとお父さんはきっと「大丈夫だよ」と、ちょっと戸惑った顔で言ってくれるとは思うのですが。

写真をキレイに撮りたい!

Mido Labo vol.11の稽古が進んでいます。今回は池井戸潤さんと重松清さんという大御所お二人の作品。話が面白いので普通にやればそれなりにみえるのですが、それじゃあなぁ…ということで、いろいろ試行錯誤しています。私はどちらの作品にも出演しますが、池井戸潤さんの「かばん屋の相続」のほうは冒頭のシーンに出るだけ。なので、カメラマンに徹して、みんなの写真を撮りまくっています。こういう世の中ですし、SNSで稽古の様子を発信しているので、やっぱりキレイな写真が必要なんですよね。でも…私は特別写真に詳しいわけでもないし、デジカメも持っていないので、もっぱらiPhoneで撮影しているのですが、シャッター音が気になるので、無音カメラ、というもので撮影しています。いわゆる、シャッター音が限りなく小さいというアプリです。稽古中は重宝しているのですが、いざ使おうと思うと…こちらの写真のようにピンが甘いんですよね~。少し拡大しているから仕方ないのですが、これではやっぱりイマイチ…。どうしたもんですかねぇ。プロ仕様のカメラには、シャッター音を無音にできるものもあるらしいのですが、そんなちゃんとしたカメラは使いこなせるかどうかわからないので、手が出せないんですよ。初心者でもわりと手軽に扱えて、少し拡大してもピンボケしない程度のキレイな写真が撮れる方法、ご存知の方がいらしたら教えてくださいm(_ _)mMido Labo vol.11の詳細情報はコチラ

SNSでの人間関係を大切にしたい

残暑お見舞い申し上げます。…といっても、暑くないですねぇ。正確に言うと、蒸し暑いけど、夏らしい暑さじゃないですねぇ。雨も多いし…ちょっとテンションが上がりづらい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?久し振りに仕事写真など載せてみましたが、最近はMido Labo関係のことをしている時間が多いです。今は、ちょうど公演1ヶ月前になったので、友人知人にお知らせメールをさせていただいているところです。公演に来てアドレスを残してくださった方にはメールでご連絡していますが、最近はFBのメッセンジャーから連絡することが増えました。次にLINE。長いメッセージを送ると病的な感じがしないか心配なのですが、やはりこちらの方が手軽に連絡できちゃうので、使うことが多いです。数年前、メールアドレスはいずれなくなる、と言っていた人がいましたが、もしかしたらそういう日も来るかもしれません。さて、そんな風にお久しぶりの方々に連絡していて思ったことがありました。それは、私にはこんなにたくさん知り合いがいるんだなぁということ。普段頻繁に付き合っている人は、そう多くはありません。でも、お久しぶり~という方は、思っていた以上に多かったです。ようやく去年ご連絡した方々までメッセージを送り終えましたが、ここまでで2日かかっています。丸一日やってたわけじゃありませんが、結構かかるもんですね。まぁ、公演に来てください!というメールなので、今回の連絡はある意味セールスです。純粋に「どうしてる?」という連絡じゃないので、こちらもちょっと後ろめたい…。久し振りなのに宣伝かよ、と思った方もいたと思います。私も正直、こういうお知らせがなかったら、もう連絡しなかったかもしれない、という方もいました。でもね、その人のFBを見たり、その人に向けてメッセージを書いたりしながら、「あー、この人とまた飲みたいな」「この人のお仕事、おもしろい」「この人の投稿、センスあるなぁ」と思った人、たくさんいたんですよね。SNSでも、もっとちゃんと人とつながってたら、自分では考えつきもしなかった面白いことに遭遇するかもしれない!…そんな風に思ったのです。公演のお知らせだと、行けない時は「ごめんね!」とすぐに連絡できるけど、行けるかどうかわからない、あるいは行きたくないけど断る理由がない、という時は、なかなか返事をしにくい…と感じる方も多いと思います。以前、誰だったか役者さんが「公演に行けない、という連絡はいらない」と書いていらっしゃったと思いますが、私はそういう連絡もウェルカムだなぁ。だって、セールスなんだから放っといたっていいのに、わざわざ連絡してくれるなんて、うれしいじゃないですか。もちろん、来てくれたら飛び上がるくらいうれしいです。でも、来られなくても連絡もらえるような関係でありたいなと思うのです。そちらの近況なんか少し書いてもらえたら、すごくうれしい。こちらも、そういうつながりを持てるご案内メッセージを書かなきゃいけないですね。…なんてことを考えながら、ご案内作業、続けます。あっ、そしてこの流れで、こちらでも公演のご案内をさせていただきます。近隣の方、よろしくお願いいたします。Mido Labo vol.11の詳細はコチラ