春の朗読劇

皆さま、お疲れさまです。松井みどりです。


ニュースペーパーさんとの家族草子コラボ公演が、無事に終了しました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。


私自身としては、

ニュースペーパーさんのコントをふるアナウンサー役をやらせていただいたり、

家族草子の「いちばん新しい想い出」の中でも

別れた妻・由美子役、やる気のない店員役をやらせていただいたりと、

かなり幅広いことをさせてもらって、

とても勉強になった公演でした。


今現在は、ホッとひと息…という状態なのですが、

実は今月、もうひとつ公演があるのです。


それが「春の朗読劇」。


昨年、永福町図書館で公演をさせていただきましたが、

同じ図書館公演シリーズで、

今回は埼玉県入間市立図書館にうかがいます。


作品は、コラボ公演と同じ「いちばん新しい想い出」。


しかし!大きく違う点がひとつあるのです…。


それは、出演者が3人のみだということ。

本公演の時は、それこそ10人くらい出演しましたし、

コラボ公演でもニュースペーパーさんに出演していただきました。


しかし、今回は3人のみ。

ということで、なんと主人公の同僚(男です)役もやることに!

あと、もしかしたらピザ屋とか寿司屋とか中華屋の出前役も!

まさかとは思うけど、婚約者(男です!)役も!?


…いったいどうなるのでしょうか。

まだ稽古が始まっていないので、どうなるのか全く分かりません。

しかし、図書館公演では最少人数で開催する、ということが

私たちのひとつのポリシーなのです。


今後増えていく地方公演の中には、

あまり役者を連れていけないこともあると思います。

そういう時でも対応できるよう、少人数で行う公演も増やしているのです。


理屈はそうなのですが…

実際やる方としては、どうなるのかやや不安。

まぁ、同時に楽しみでもあるんですけどね。


今年は東京での公演は、これ以外ではMido Laboの秋公演のみですので、

お近くの方、ぜひ遊びにいらしてください。

ちなみに、入場無料です!


どうぞよろしくお願いいたします(^^)


「春の朗読劇」詳細はコチラ


Mido Log

ナレーター・役者・読み方&話し方コーチ 松井みどりのブログ。今やっていること、思っていることをtwitterより長くつぶやいてます